麦栽培の記録-2001

麦栽培の記録-2001

2001年冬から2002年春の麦の浮き床栽培記録です

麦は乾燥地帯の作物で水に浮かべての栽培は無理と言われて 

主要作物である麦の浮き床栽培をしてみたいと思い、種を探しましたが何処にもありませんでした。

昔は埼玉のこの辺でも栽培していたらしいのですが、今は採算が取れずに何処もやめてしまったそうです。

タネの販売会社に問い合わせると、米や麦などは規制があって種は取り扱えないのだそうで、探し回った挙句、県の試験場に問い合わせて担当の方に少しだけ無料で分けてもらいました。栽培実験の方法を説明したのですが、「どちらかというと乾燥を好む作物なので水に浮かせて栽培するのは難しいでしょう」と言われました。

無理と言われるとやってみたくなる性分なので、工夫してやってみた栽培記録が下の写真です。

収穫して乾燥後に脱穀し、畳一枚分の広さで採れた麦の収穫量を計測したら丁度800gありました。
単純計算で10アール当たりに換算すると490kg位になります。

実際に栽培するとなると収穫率は低下すると思いますが、今年のデータで畑栽培での麦の10アール当たりの平均収穫量は埼玉県で428kg、茨城県で391kgとなっています。

これらのデータと比較しても見劣りはしませんでした。