福祉支援で仕事つくり 街の活性化 省エネと環境 楽しい農業 簡単に特許

街の活性化

街の活性化

地域にある「モノ」を活かす

◆ 場所の活用

岩槻駅前にクレセントモールと呼ばれている幅7mのレンガタイル張りの車が入れない道路があります。
通常は、歩道付きの単なる歩行者通路になっています。
この場所を活用した、街おこしイベント「槻の市」を行なっています。
テントの設営や資材の運搬片付けなどの作業は、生活保護受給者であるNPOためぞうクラブ賛助会員の方にボランティアで手伝ってもらっています。
これも、地域の人材活用になります。
会場全体の模様 贈ったおもかげ雛の紹介 大道芸の披露
 ※※これまでの「槻の市」の模様 をクリック※※

◆ 人材発掘

地域内で独自の技術や才能を活かした物づくりで活躍されている方達の紹介と協働
木々の特性を生かした工芸 鈴木 和彦さん
すべてが手作りの人形作家 稲邊智津子さん

◆ 人材活用

地域には、元気な中高年者や若年層でも未就労の人材などその人に合わせた就労機会を作ってあげて地域の社会資産を作る
地域組織との連携

◆ 伝統技術活用

さいたま市の岩槻は、古くから日本人形の町として知られています。
数多くの部材それぞれの製作に携わる職人さんも沢山います。その方達とも連携した商品作り
福祉施設でも作れる木目込み人形

◆ 歴史資産活用

太田道灌が築城した城下町の岩槻には、伝統ある神社仏閣や史跡が数多く存在しいています。これらの地域の文化資産を活用する仕組みを作り
地域活動との連携

◆ 地域組織との連携

地元商店街との協働
商業高校との協働 

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional